前へ
次へ

近所の薬局の薬剤師さん

うちの近所には二軒の薬局があるのですが、そのうちの一軒にはものすごく親切な男性の薬剤師さんがいます。

more

これから薬局選びを実践するなら

今からもし、特定の薬局を選んで、その上で薬を購入するつもりでいるなら、最初の場所選びが重要となってく

more

評判の良い薬局を上手にチェック

実際に、欲しい薬が決まっているなら、それを取り扱っている薬局をうまくピックアップし、その上で話を進め

more

薬局に相談にいきましょう

薬局というと、病院で出された処方箋どおりの薬を処方してもらう場所だというイメージをお持ちの方が多いと思います。しかし実際は、病院よりもっと身近な、様々な相談ができる場所です。薬局のことを詳しく知り、健康のために役立ててみましょう。処方箋を持って行ったとき、薬剤師さんから「今日はどうされましたか。」「どんなお薬を飲んでいますか。」といろいろな質問をされます。病院で散々話してきた場合がほとんどですから、何故もう一度同じ話をしなければいけないのか、ストレスを感じてしまう人もいらっしゃるかもしれません。しかし、薬剤師がこのような質問をするのは理由があります。「疑義照会」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。疑義照会とは、医師が作成した処方箋の記載事項に対して不明点や疑問点があったときに、薬剤師が医師に確認することです。なぜこのようなステップが必要になるのでしょう。実は、人間の体についてのエキスパートであるお医者さんですが、薬についてはそこまで詳しくないことが多いため、どうしても間違いが起こってしまいます。ある症状に対して有効な薬を処方していても、患者さんが日常的に飲んでいる薬との飲み合わせが悪かったり、持病との相性が悪かったりということが良くあります。そのようなトラブルを防ぐのが薬剤師さんの役割です。薬剤師は、6年間大学で薬のことについて学んできています。いわば薬のエキスパートです。そのため、お医者さんが見逃した薬に関するトラブルに気づくこともできます。冒頭で述べた、薬剤師さんが患者を質問攻めにするのはこのためです。ありふれた薬であっても、飲み合わせによっては命にかかわるトラブルにつながることもあります。何か疑問を感じた際には、遠慮せず薬剤師さんに聞いてみましょう。また、処方された薬に関して何かトラブルがあった場合は、昔に飲んで副作用が出てしまった薬に関しては、代わりの薬を提案してくれることもあります。相談してみて下さい。また、病院にかからず薬だけを飲んで対処したいときは、直接薬局にいっておすすめの薬を購入することも可能です。気軽に薬局を利用してみましょう。

患者様からたくさんの感謝の声をいただいています
専門スタッフは施術以外でも身体の調子が良くなるように患者様一人一人に対して日ごろから気をつけることなどアドバイスします。

なるべく少ない通院を心掛ける札幌の美容鍼院
患者様の負担を抑えて治療をご提供させていただきます

交通事故の身体の悩みが楽になりました

Page Top