前へ
次へ

薬局のパートナー制度活用のデメリット

薬局のパートナー制度を採用することはデメリットもあります。調剤ミスというような可能性が増加するというデメリットがまずあげられます。 調剤に関する業務に対して経験が少ないテクニシャンが元となる調剤ミスの可能性が増えることもあるでしょう。 そうなってしまうと、調剤の手直し、監査時間の長時間化などが降りかかって、むしろ患者に薬を出すまでの時間が非常に長くなることも考えられます。 また、薬剤師の業務減少もあります。 テクニシャン自体が薬剤師の業務の一部をサポートしてくれることを通じて、あまり多くない薬剤師数で店を管理運営していくようになるでしょう。 そうなってしまうと、従業員にかかる費用が高い薬剤師は最小限度の雇用だけにして、テクニシャンを多く起用して会社の業務を回すことを意識する薬局が増えてきて、薬剤師の調剤薬局並びにドラッグストアなどへの入職が非常に難しくなることもあり得るかもしれません。 こういったネガティブな部分を考えることが重要になります。

Page Top